【テキストはコレ!】電気通信工事施工管理技士試験の勉強方法(筆記試験)

・電気通信工事施工管理技士を目指す人。
シャチ
実地は結果待ちですが、筆記は【合格済み】です。
関連記事

・資格取得の勉強方法が分からない。・何度も試験に落ちてしまっている。・電気通信の資格取得を目指している。   shachikun 私は下記の資格に独学で一発合格しています。  電気通信主任技術者(伝送交換)  第一級[…]

 
「電気通信工事施工管理技士」は新しい試験で過去問がないから、勉強方法が分からない。。
と、困っていませんか?
 
過去の自分
合格したいけど、何から勉強して良いか分からない。
シャチ
過去問に頼れないって辛いよね。
それじゃあ、僕が筆記試験を合格した勉強方法を教えてあげるね!
 
【この記事で分かること】
✔️電気通信工事施工管理技士(筆記試験)の勉強方法

□私は対策講座【非売品】のテキストを使用してきましたが、高額な講座を受けたくない方はこちらのテキストでも代替可能ですよ!

電気通信工事施工管理技士(筆記試験)の勉強方法

勉強方法

1.会社で申込みして頂いた「日本建設情報センター」の対策講座を中心に勉強。

2.1年分の1級と2級の過去問を満点採れるまで勉強。

勉強時間

1ヶ月:お盆〜試験日(9月13日)

60時間(1日2時間×30日)

shachikun
工事担任者などの予備知識のない方は、工担の参考書を読む時間をプラスαしましょう!
 
テキストは後で紹介しますが、
電気通信工事施工管理技士(学科)要点テキスト【非売品】出典:CIC
を、メインに勉強をしていました。
 

✔︎通信用語の重点ポイント
✔︎電気回路や通信の計算公式
✔︎法規(特に数字が記載されている箇所)

 
を、青い傾向ペンで塗り2周読破しました。
 
読むだけだとすぐ忘れるので
その日に読んだテキストの分野と同じ範囲の「過去問」と「予想問題」を、その日に解くことで知識を定着させました。
 
短期記憶から長期記憶への移行図
過去問からは同じ問題は出題されなかったですが、
ヒントが過去問しかないので1級・2級ともに満点まで仕上げました。

対策講座(講習会)の内容・テキスト

講座内容

「日本建設情報センター」の講座では、2日間に渡って、配布されたテキスト①の重点項目をマーカーで塗って説明していく内容でした。

テキスト


  1.  電気通信工事施工管理技士(学科)要点テキスト【非売品】出典:CIC
  2.  1級・2級電気通信工事施工管理技術検定学科試験問題解説集録版 出典:(財)地域開発研究所
  3.  受験対策資料(1級学科問題集)【非売品】出典:CIC

 

上記の3冊が対策講座で渡されるテキストです。

個人的には「①」のテキストが分かりやすくまとめられていたので、このテキストを中心に勉強を進めて▽

知識の定着を図るために、「③」の問題集を解くという流れで進めました。

①と②のテキストは記載してある内容が似ているため、②のテキストは全く使いませんでした。

対策講座(講習会)の感想

対策講座はテキストの内容をなぞっているだけなので、テキストさえあれば独学で問題ないです。

ただし、①、③のテキストは講座受講者にしか配布されない非売品と明記されており、正規ルートでは②のテキストしか購入できません。

shachikun
ここだけの話、「メルカリ」には普通に出品されているよ。
 

業務が忙しく勉強時間が取れない方

会社で申込みしてもらえるのであれば、

「勉強時間を確保する」という意味では、受講する価値があります。

その他購入したテキスト

1級・2級電気通信工事施工管理技士受験テキスト 技術編 施工管理・法規編
出典:(財)地域開発研究所

「施工管理」と「法規」の2冊セットの参考書ですが、読みにくく頭に入ってこなかったため、5ページくらい開いてその後は見てないです。

shachikun
ということでテキストは①or②と工担のテキストでオッケーです!

難易度・合格率・受験した感想

合格率:43.1%〜49.1%(筆記試験)
難易度:★★★☆☆(普通・やや大変)
 
筆記試験の自己採点
問題A:24/33

問題B:21/27
合計 :45/60(75%)
 
過去問がない分勉強範囲が広範囲になりますが、問題自体のレベルは「DD1種」よりも易しいです。
過去問には

✔︎パリティチェック
✔︎GE-PON
✔︎MPLS

などの工事担任者で出題されるような範囲の問題も出題されていました。
しかし
対策講座のテキストではこの部分が網羅されていないので、「工事担任者」のテキストにも目を通しておく必要があります。
過去の自分
実際、工担の知識がなければ合格も危うかったです!

学科試験は選択式

施工管理技士試験は普通の筆記試験とは違い、問題A・問題Bともに「選択式」です。

問題A・Bの選択割合

問題A

試験科目出題数回答数
電気通信理路16問11問
電気通信設備28問14問
法規14問8問

問題B

試験科目出題数回答数
設計2問2問
関連設備8問5問
施工管理法22問20問
「問題A:2時間30分」・「問題B:2時間」
と、かなり時間があるので、ひと通り全部回答しその中の自信がある問題を選択しましょう!

 

問題Aの特徴

問題Aは電気通信の知識を問う問題なので、問題Bよりも難易度が高いです。

電気回路などの計算問題は、難易度が高めだったので勉強時点で捨てるのも有りだと思います。

 

問題Bの特徴

施工管理法が27問中20問を占めているので、法規関連がメインになります。

法規を勉強していれば簡単に解ける問題が多かったので、難易度は易しめでした。

shachikun
午前の問題Aが解けなくても、A・Bの合計で36問正解すれば良いから
☞あきらめず午後の問題Bもちゃんと受けよう⚠︎

電気通信工事施工管理技士(学科試験)の勉強方法まとめ

学科試験は独学で合格を目指せる。
 
勉強方法まとめ
  •  工事担任者の範囲も勉強する。
  •  テキストは正規ルートorメルカリで入手。
  •  過去問は最低限満点を採れるレベルまで。
  •  テキスト☞問題実践で知識を定着させる。
  •  計算問題は勉強時点で捨てる選択もあり。

出題範囲が広いため、勉強や知識の定着に時間が必要になります。

ほとんどの方は働きながら勉強することになると思いますが、


✔︎朝活(5時起き)

✔︎昼休憩時間

✔︎夜活(1時間)


で、小さな子どもがいる私でも合格することができました!

合格率は見ても学科試験の難易度は低いので、学習計画をしっかり立てて合格しましょう!

過去の自分
業務が多忙で学習計画が立てられない方は、「対策講座」を利用するのも有りです。

□対策講座で【施工管理管理技士】合格を目指すなら▽

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG