【転職希望なら悩まず複数登録】転職エージェントと面談・登録するメリット、デメリット(建設業編)

・エージェントとの面談を迷っている。
・建設業界からの転職を目指している。
・Uターン転職を希望している。
・30 代で転職活動をしている。
シャチ
現職は「建設業」で、4社の転職エージェントと電話面談させて頂きました。
関連記事

・転職希望者でSPI3を受ける人・SPI3対策で何をやるべきか分からない人・SPI3対策をもっと知りたい人 31歳で10年ぶりにSPI3をテストセンターで受けるにあたって、 実際した対策を4つ紹介します。  SPI3対策本(2冊)  ス[…]

 
転職エージェントから面談の依頼が来たけど、なんか怪しいし、そもそも面談や登録ってするメリットってあるの?
と、悩んでいませんか?
 
過去の自分
転職エージェントって名前はカッコいいけど、怪しくない?
シャチ
「転職エージェント」は、転職のサポートを無料でしてくれる人だから怪しくないよ!
 
【この記事で分かること】
✔️転職エージェントに登録・面談するメリット、デメリット
 
転職したいけど、
【自分の立ち位置での転職の流れが分からない】
という人は、深く悩まずとりあえず転職エージェントに転職の流れや市場価値を聞いてみましょう!
転職を意識しているのに、悩んでいる時間ってもったいないです。
私は現在でも【doda】の転職エージェントに登録しています。
転職サイトはdoda

転職エージェントと面談・登録するメリット


面談するメリット

  1.  未経験職へ転職する実情を聞ける。
  2.  転職活動の流れを知ることができる。
  3.  転職市場の動向を知ることができる。
  4.  履歴書・職務経歴書から希望職種へのアピ
     ールポイントを見つけてもらえる。

 

面談では、自分の過去を掘り下げてその中から、

未経験職でも希望職種への接点を見つけてくれます。
 

面談の最後には、質問ができるので、


  •  現在の転職市場の動向。
  •  30代で転職することに対しての本音。
  •  同職種での未経験職種への内定実績。

 

など、様々な質問に答えて頂けるので、自分が想像している転職に対するギャップを埋めることができます!

過去の自分
転職の難しさを実感できるし、職務経歴の棚卸しにもなるよ。
 

登録するメリット

  1.  自分の市場価値を知ることができる。
  2.  希望条件に近い求人を紹介してもらえる。
  3.  履歴書・職務経歴書を添削してもらえる。
  4.  求人が随時送られてくるので、忙しい時で
     も求人を検索せずに確認できる。

 

提出した「履歴書」や「職務経歴書」を転職のプロに添削してもらえるので、

書類通過率UPに繋がります!

また、

希望条件に近い求人が随時送られてくるので、

在職中で転職活動をしている方でも、効率的に転職活動を行うことができます。

シャチ
転職希望なら軽く相談程度に面談を受けてみるのも良いよ♪

転職エージェントに登録するデメリット


デメリット

  1.  希望職種以外の職種も勧められる。
  2.  建設業界への理解が不足している。
  3.  地方へのUターンは求人が少ない。
  4.  自分のペースで転職活動を進められない。

希望職種以外の職種も勧められる

地方へのUターンは求人が少ない

私は【地方でのSE】を希望していますが、

地方での手持ちの求人自体が少ない

という理由で、接客業・営業職などとりあえず現状である求人を紹介されています。

過去の自分
接客・営業も未経験だし、なんか数打ちゃ当たる感が強い。。
 
転職エージェントは「転職させること」が目的なので、「希望職種に転職させる」ことが1番の目的ではないということです。
面談の際には、
転職において、譲れないもの・優先順位を明確に伝えることが大切です。

POINT
4社とも地方の求人数は少なかったため、Uターン希望の方は転職エージェントに登録しつつ、
地方のUターンサイトに登録することをオススメします。

建設業界への理解が不足している

転職エージェントでは、他業種の「施工管理職」を勧められることが多かったです。
しかし
建設業界の方はご存知のだと思いますが、施工管理には

  •  電気通信工事←私
  •  電気工事、管工事
  •  土木工事、建築工事
  •  解体工事etc…。

 

など、数多くの工事の種類があります。

業種が変わると専門知識を一から学ぶ必要があるため、ほぼ未経験と変わりません。

ただ、「施工管理職」というだけで、業種構わず推してくるというのは少し不信感を感じました。

過去の自分
消防設備業や土木建築業を平気でオススメな感じで推してこられた時は、少し引いちゃったよね。

自分のペースで転職活動を進められない

短いスパンでの面談や応募ノルマがあったので、転職活動をやらされている感がありました。
 
ある転職エージェントでは、

『常に選考中の案件を3〜4件持っていたいので、書類通過率は◯%だからとりあえず10件は応募しましょう!』

と言われ、希望に叶う職種への転職というよりは、
どんな職でも良いから【地方】に「転職させること」が目的になっていました。
シャチ
転職の方向性について、全くマッチングしていません。
重複になりますが、
転職において、譲れないもの・優先順位を明確に伝えることが大切です。

POINT
明確に、いつまでに転職するという目標があれば、転職エージェントを利用するのは効果的です。
転職エージェントにも当たりはずれがあるので、
複数登録して自分とマッチングする人・信用できる人を選びましょう。

 

 

30代未経験でのSE希望に対して言われたこと

一言でいうと、30代未経験職への転職は厳しいということでした。

アドバイス抜粋


・地方でのSEの求人が少ない。

・SE未経験者の市場は26歳程度まで。

・施工管理の経験を生かした転職が良い。

・SEを目指すなら大学でC言語を学んでたことをアピールしていくべき。

・SE未経験者で採用されている人もいるが、独自でプログラミング等を学習して自分でプログラムを組めるレベル。


 

過去の自分
現実は甘くない!
自分で実績を作って、未経験職でも活躍・貢献できるアピールポイントが必要。

転職エージェントと面談・登録するメリット、デメリットまとめ

転職エージェントとの面談・登録は、無料であり多くのメリットがあるため、

 

転職を検討している人は、深く悩まず登録するべきです。
 
しかし、デメリットもあることを忘れずに、

✔️転職において、譲れないもの・優先順位を明確に伝えること。

✔️複数の転職エージェントに登録し、マッチングする担当者を選ぶこと。

✔️地方への転職希望はハローワーク求人も併用すること。

の3つのポイントを抑えて利用していきましょう!

シャチ
転職エージェントを上手く利用していくことがことが大切!転職への主導権を握られないように。
転職サイトはdoda

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG